家賃の負担を軽減|マンション経営や不動産売却をスタートさせよう

マンション経営や不動産売却をスタートさせよう

家賃の負担を軽減

お金と積み木

最近では家賃保証会社が登場し、不動産投資を行なう際に利用する人が増えています。家賃保証会社とは住民が家賃を滞納した時の負担を軽減してくれるもので、連帯保証人と比べると確実性の高さが大きな魅力となっています。安心して住民に部屋を貸せるので、経営者としての不安を軽減させることが出来るのです。また空き室が出ても家賃が毎月入ってくるので、はじめて経営にチャレンジする人も安心することが出来ます。入居者の家賃管理を専門の家賃保証会社に依頼すれば、その分の手間をカットすることも可能となるのです。最近ではマンションやアパートの経営をはじめる際に家賃保証会社を利用する人が増えたため、会社の数も以前に比べ増えています。そのため利用する際は、初回の保障委託料を見比べながら選ぶのがポイントとなります。これは初期費用に当たるので、少しでも金額を抑えられるか事前に確認しておきましょう。

家賃保証会社を住民に提供する際は、初回保証料と更新料の2つの料金が発生します。そのため利用する際は、この2つを頭に入れて必要な費用を調べることが重要なポイントとなります。特に更新料は初回保証料とは違い更新するたびに支払うので、どのタイミングで支払うのか調べましょう。タイミングは家賃保証会社によって異なるので、見比べながら住民にとって負担の少ないのがどれか選ぶと無理なく紹介することが出来ます。しっかり料金を把握した上で経営の負担や効率化を図りたい時は、住民も納得出来る家賃保証会社を利用すると良いでしょう。